羊図書館

法とマンガと図書館と

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「若手研究者の文献利用環境を巡る問題と図書館へのニーズ」感想

本日開催された大図研京都ワンディセミナー
若手研究者の文献利用環境を巡る問題と図書館へのニーズ
に参加してきました。

Togetterはこちら

私自身も、『在野の何をしているのかいまいち(いま100くらいかもしれない)わかない人間』なので今後の参考に伺いました。
まず、就職の難しい若手研究者の研究支援に図書館がどのように関われるか、若手研究者の窮状(経済的困窮、研究資源の入手の難しさ、人的疎外)と、図書館に期待することが語られ、その後質疑応答がありました。

聴いていて、根本的な問題なのは、社会がどれだけ『知的インフラ』を整えようとしているのかの問題、つまり日本の情報政策上の問題のように思いました。
知的インフラを整え、誰でも情報源にアクセスし、入手しやすい環境を作るという問題なら大学図書館だけではなく、公共図書館にも研究支援に耐えうる環境整備が必要になるでしょう。
逆に、知的特権階級を作り出そうとするなら、大学はまさに許された者のみ利用可能な『知の閉鎖空間』になるでしょう。
しかし、現代は情報の爆発的流通から、有意義な情報を選択する能力(情報リテラシー能力)を見につけることが必須の時代ですから、選択ではなく、必然的に前者を政策として推し進めていかなくてはいけないと思っています。
そういう意味でも、大学図書館だけでなく、全ての図書館が研究支援をできるようになってほしいな、と思いました。

全体を通して気になったのは登壇者の論調が
「大学図書館こそが、大学で高等教育を受けたにもかかわらず、理想的な就職がかなわず、在野で研究を続ける若手研究者の支援機関になるべき」
という感じだったことです。(誤解があるかもしれませんが、私はそう感じました)
大学間でも電子リソースの契約状況、専門的司書の配置、予算の処理等環境は全く異なります。
私自身、現在全く図書館が使えない環境で大学図書館司書をやっています。
※データベースもありません。
『誰でも、どこにいても、その人が望む情報を手にする』
ということは、在野の研究者に限らず非常に重要なことです。
それを地域差や、経済的な事情に還元させないのが図書館の使命だと思います。
だから、今日の議論は図書館全体の問題だなあ、と思いました。
ちなみに公共図書館でも研究支援はしていただけます。
根気強くやる気のある司書さんを捕まえて相談すると割と文献はしっかり入手できます。
自力でも、何とか使える大学図書館もあります。
利用規定をしっかり読み込んで、使える部分とそうじゃない部分を理解し、それで不便を感じる部分に対し具体的な解決策を提案していけたらいいんじゃないかなあ、と思いました。

なお、個人的にはアンケートの『十分な研究時間がある』という回答でYesといった人が存在することにびっくりしました。そんな人この世に存在するんですね…。
あと『パンのための学問』という言葉があるように、『食える研究、お金がもらえる研究』を割り切ってすることも大事なんじゃないかと思いました。
(大学だろうが公共だろうが誰かが研究の費用は負担しなくちゃいけませんから)

そんな感じで、春からぷーになる身として色々と勉強をさせていただきました。
スタッフの皆様、お話してくださった登壇者の皆様ありがとうございました!!
スポンサーサイト

『Wake up Girls!』映画&テレビ感想とアニメディア2月号

NCM_2428.jpg

ようやっと『Wake up Girls!』の映画とテレビ第1話を見ました~!
映画は、幸運なことに以前からお仕事で関わらせていただけたこともあって
「動いた!歌った!!踊ってる!!!みんなかわいい~!」
と近所のおばちゃん(笑)状態でしたw
やっぱりアニメはすごいなあ、と思うと同時に、アイドルドキュメント映画のさらに向こう側というか、深い人間ドラマが書き込まれていることで、ライブシーンの昇華感、キラキラ感が圧巻でした!
劇場で、「ライブシーンが良くって2回目!」という男の子がいて納得したりにやにやしたりしました(*´ω`*)
アニメの方も、「これからもいっぱいみんなが見れる!!そして、これから何が起こるの?」という感じで凄く楽しみです!!
そして、アニメディア2月号ではキャラクター紹介でついにセンター真夢さんと社長&松田さんを描かせていただきました!
もっともっと、作品の良さが伝わる4コマが描けるように頑張ろうと反省したりもしましたが、描けて幸せだなあ、と改めて思いました(*'▽')
これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

インテありがとうございました!

本日参加したインテックス大阪にて、スペースにお立ち寄りいただいた皆様ありがとうございました!
インテックス大阪は去年の5月から10年ぶりくらいに参加していて、今回で3回目ですが、人が多すぎてびっくりしました…。
やっぱり黒子のバスケの問題が解決されたことが要因でしょうか?
お買い物の際の館の移動とトイレの行列が大変でした(;´Д`)
※今まで人が少ない場所に配置されていたので、先日の冬コミすらほとんどそういった感想を抱くこともなく、のほほんと過ごしていたのでびっくりしました。
今回は、図書館関係者の方にお声がけいただいてすごく嬉しかったです!
特に、『図書館これくしょん(館これ)』は自分の作った本というより、みんなで作った本なので、それがたくさんの方に喜んでいただけた形ですごく嬉しいです!
ただ、計画不足でコピー誌という形でしたので、あまり刷れずに書店での委託販売もできなかったことは反省点です。
今後はいただいたご意見を参考に、もう少しちゃんとした形で行動できればと思います。
(※館これ会議の地方開催含む。
 まあ、私がどうこうしなくても、皆様で勝手にバンバンやってくださっていいと思うのですが…w)
法律擬人化本は、リピーターの方が少しずつ増えてくださっていることがとても嬉しいです(*'▽')
今の形式で描くようになって、ようやく1年ですが、準備期間は3年くらいありました。
皆さんと共有できる時間がもっと長くなるようにこれからも頑張りますので、なにとぞよろしくお願いいたします!
あと、冬コミから2週間あったんだからお正月に何かコピー誌作ればよかったとか(笑)
時間が無い時の方が妄想が活発になるのはなぜなんでしょうか…w

などとつらつら書きましたが、本当に、スペースにお立ち寄りくださった皆様ありがとうございました!
また、そうさく畑のぷち畑スタッフ様にもお世話になりました!
次のイベント参加は3月30日の『そうさく畑』です。
たぶん、新刊が出るはず…。
頑張ります!!

インテ(ComicCity大阪97)参加案内『羊図書館』3号館I44a

1月12日(日)に開催される、ComicCity大阪97にサークル参加します!
スペースは、『羊図書館』3号館I44aです。
販売物は以下の通りです。
※詳細(表紙、本文サンプルなど)はタイトルにリンクを貼っていますので、そちらでご確認ください。

新刊
法ロジとくほん』B5・オンデマンドフルカラー・12P・200円 法律擬人化4コマ。教育基本法中心です。在庫少
houloji1.png
図書館これくしょん(館これ)』A5・コピー・18P・100円 図書館擬人化の5人合同誌です。マンガ。イラスト、データ分析と盛りだくさんです。少部数ですが再版しました!
tocoll.png
既刊※全て法律擬人化法本です。法の内容と、それにまつわる資料の紹介をしています。
法律擬人化入門(上三法編)』(再版)B5・オフ・フルカラー・36P・500円
法律擬人化入門(下三法編)』B5・オフ・フルカラー・36P・500円

販売物は以上です。
当日は『ぷち畑』という、創作オンリーイベントの『そうさく畑』さんの企画に参加させていただきます!
スケッチブックなどもお受けできますので、是非お立ち寄りください(*'▽')

冬コミありがとうございました!

遅くなりましたが、冬コミではたくさんの方に来ていただいて、本当にありがとうございました!!
最初「一冊も売れなかったらどうしよう…」と不安だったのですが、結果としては搬入量の7割をお手に取っていただきました。『館これ』は足りなくなってしまい、申し訳ございませんでした(≫≪;)
また、当日用意したペーパーも無くなり、びっくりしました!
本当にありがとうございました!
報告がてら、当日の様子など描かせていただきます。

5:30起床
6:50出発
7:35入場
8:00荷物受取
10:00会場
12:30-13:00休憩(※スペースには友人が座ってくれました)
~16:00閉会
16:30退場→打ち上げ→帰宅(23:30)

とにかく、「遅刻厳禁」「迷ったらスタッフさんに確認!」「水分は控えめに!!」を合言葉にホテルを出ました。
人生迷子のため、出発が予定より遅れて焦りましたが、ちゃんと時間内に着いてよかったです(*´ω`*)
朝は、ホテルが用意してくれたチョコレートとお茶をいただきました。
…朝食兼昼食は会場までの道で買えると思ったのですが、テンパっていて買えませんでした(痛恨)。
会場に着くと、荷物も無事受け取れ、搬入もきちんとされていてホッとしました。
知り合いの方もご挨拶に来てくださって、おかげさまで落ち着いて開場を迎えられました。
開場直後は人がスペース前に全然いなくて、
「これがコミケの洗礼というやつか…!一冊も売れなかったらどうしよう。
 なんで印刷所から刷ってもらった部数を全部搬入とかやってしまったんだろう。
 アタシってホント馬鹿…(←言いたかった」
と半泣きになっていましたが、15分くらいして、『図書館これくしょん(館これ)』を女性の方が買ってくださり、その後は知り合いも来てくれて、順調に販売が始まりました。
今回初参加でしたので、初見の方も多かったのですが、コミティアやぽぷかるで知ってくださった方も来てくださり、本当にうれしかったです!

コミケに出たのは友人に「出てみたら?」と誘ってもらえたからで、実は私はイベント関連はほぼ全てそのパターンです…。
コミティアも大阪インテもぽぷかるも全部お誘いがあったので参加してきました。
本当に、人の縁というのはとてもありがたいことだなあ、と思います。

今回は一人参加で、あまり周りを見る余裕もなく終わってしまったのですが、次回はもっと勉強して参加したいなあ、と思いました。
新刊の告知にご協力いただいたアキバBlogさま、Twitterでリツイート等していただいた皆様、スペースにお越しいただいた皆様、差し入れまでくださった皆様、本当にありがとうございました!

なお、以下は反省点です。
・食事は携帯食を
一人参加でしたので、ちゃんとした食事は無理でした。
焼きそばとおにぎりのセットを買ったのですが、箸を落してあきらめましたwが、そもそも食べる時間が無かったです。
結果、差し入れのせんべいなどをかじっていましたが、スティックタイプの栄養補助食品とかを持ってきた方がいいなあ、と思いました。
・できれば複数人で参加を
事前に長時間でのお話を遠慮していただくようにお願いしていたためか、来てくださった方にすごく気を遣わせてしまって申し訳なかったです。でも、今回に関しては結果としてはよかったのかなあ、と思いました。人が途切れないため、トイレに行く時間も昼休憩しか無い状態でした…。
通常なら、スペースに布をかけてお買い物にも行くのですが、甘かったです…。

そして、今回気が付いた点と、今後の予定について
・お客さんの傾向
やっぱり、『価格が高くなってもいいから、それなりのボリュームがある本』が求められているんだなあ、と思いました。
私自身もそういう傾向が強いのですが、今回日程的なこともあり、12Pフルカラー200円という本を出してみたのですが、それより『法律擬人化入門(上下)』36Pフルカラー500円の方がよく手に取っていただけました。
まあ、メインの法令の差もあるとは思うのですが、お試しでもまとまったページ数の方がいいのかな?と思いました。
・人気法(リクエスト)
これはどのイベントでもそうですが、『著作権法』がリクエストとしてはダントツで多いです。
そのあと、行政法などの名前が出ます。
日本国憲法と裁判所法とのやり取りも気に入ってくださる方がいて嬉しかったです(*´ω`*)

以上の結果を踏まえて、今年は著作権法を夏ごろまでには描きたいなあ、と思っています。
個人的には「明治期の法令の成立過程(大日本帝国憲法を中心に)」「法令読解」でまとまった本を作りたいと思っています。
内容を充実させたいため、イベントに出る回数は減るかもしれません。
とりあえず、夏コミには申し込みをする予定です!
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
旧年中は本当にたくさんの方に大変お世話になり、ありがとうございました。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

思い返せば、『羊図書館』を作ったのは、他部署への移動を受け入れるかどうか決断を迫られた時期でした。
(※図書館に戻れる可能性は示していただいていました)
結果として会社を辞めて、司書職を選び、そこもまた辞めようとしています。
人から見れば『この人馬鹿だなあ』と思うのかもしれません。
でも、変わらないことにしがみつくより、変わっていくことが自分には向いていたんだと思います。
今年もビビりのくせに、気が付いたらジャンプしていた状態になるような気がします(;´Д`)
でも、それは色んな可能性を示してくださった周囲の方々のおかげです。
本年も、色々とご教示いただけましたら幸いです。
皆様にとっても良い年でありますように!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。