FC2ブログ

羊図書館

法とマンガと図書館と

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「若手研究者の文献利用環境を巡る問題と図書館へのニーズ」感想

本日開催された大図研京都ワンディセミナー
若手研究者の文献利用環境を巡る問題と図書館へのニーズ
に参加してきました。

Togetterはこちら

私自身も、『在野の何をしているのかいまいち(いま100くらいかもしれない)わかない人間』なので今後の参考に伺いました。
まず、就職の難しい若手研究者の研究支援に図書館がどのように関われるか、若手研究者の窮状(経済的困窮、研究資源の入手の難しさ、人的疎外)と、図書館に期待することが語られ、その後質疑応答がありました。

聴いていて、根本的な問題なのは、社会がどれだけ『知的インフラ』を整えようとしているのかの問題、つまり日本の情報政策上の問題のように思いました。
知的インフラを整え、誰でも情報源にアクセスし、入手しやすい環境を作るという問題なら大学図書館だけではなく、公共図書館にも研究支援に耐えうる環境整備が必要になるでしょう。
逆に、知的特権階級を作り出そうとするなら、大学はまさに許された者のみ利用可能な『知の閉鎖空間』になるでしょう。
しかし、現代は情報の爆発的流通から、有意義な情報を選択する能力(情報リテラシー能力)を見につけることが必須の時代ですから、選択ではなく、必然的に前者を政策として推し進めていかなくてはいけないと思っています。
そういう意味でも、大学図書館だけでなく、全ての図書館が研究支援をできるようになってほしいな、と思いました。

全体を通して気になったのは登壇者の論調が
「大学図書館こそが、大学で高等教育を受けたにもかかわらず、理想的な就職がかなわず、在野で研究を続ける若手研究者の支援機関になるべき」
という感じだったことです。(誤解があるかもしれませんが、私はそう感じました)
大学間でも電子リソースの契約状況、専門的司書の配置、予算の処理等環境は全く異なります。
私自身、現在全く図書館が使えない環境で大学図書館司書をやっています。
※データベースもありません。
『誰でも、どこにいても、その人が望む情報を手にする』
ということは、在野の研究者に限らず非常に重要なことです。
それを地域差や、経済的な事情に還元させないのが図書館の使命だと思います。
だから、今日の議論は図書館全体の問題だなあ、と思いました。
ちなみに公共図書館でも研究支援はしていただけます。
根気強くやる気のある司書さんを捕まえて相談すると割と文献はしっかり入手できます。
自力でも、何とか使える大学図書館もあります。
利用規定をしっかり読み込んで、使える部分とそうじゃない部分を理解し、それで不便を感じる部分に対し具体的な解決策を提案していけたらいいんじゃないかなあ、と思いました。

なお、個人的にはアンケートの『十分な研究時間がある』という回答でYesといった人が存在することにびっくりしました。そんな人この世に存在するんですね…。
あと『パンのための学問』という言葉があるように、『食える研究、お金がもらえる研究』を割り切ってすることも大事なんじゃないかと思いました。
(大学だろうが公共だろうが誰かが研究の費用は負担しなくちゃいけませんから)

そんな感じで、春からぷーになる身として色々と勉強をさせていただきました。
スタッフの皆様、お話してくださった登壇者の皆様ありがとうございました!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitsujitoshokan.blog.fc2.com/tb.php/212-1e1f4e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。