羊図書館

法とマンガと図書館と

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回レファレンス協同データベース事業フォーラム『レファ協ネイティブ世代』の衝撃

※サブタイトルが「ネイティブレファ協世代」になっていましたが、「レファ協ネイティブ世代」です。
訂正いたしました。申し訳ございません(><;)

第11回レファレンス協同データベース事業フォーラム
つながる図書館の情報サービス:「調べる方法」の公共性』に参加してきました!

Togetterまとめはこちら。http://togetter.com/li/785561

今回はレファレンス協同データベースのデータはオープン(公共)であり、その活用にどのような可能性があるのかが話し合われました。

猪谷さんはジャーナリストであり、Web上で記事を配信されている経験から、情報が伝達される手法についてお話くださいました。
図書館の持つ情報を図書館の外にどう伝達するか、”BUZZ”る(インターネット上で爆発的に共有されること)という言葉をキーワードにSNS等を使ったアプローチについて、国内の現状と今後の展望について、図書館ができることを具体例を挙げて紹介されました。

大向さんは、オープンデータとはどういうもので、「加工されていないデータそのものを提供する重要性と、それを個人が加工することによって得られる新たな社会的利益」についてお話がありました。
グラフなどに加工されたデータでは汎用性が狭い、という視点がとてもわかりやすかったです。

小田さんは、図書館で生み出される「知」の性質を分析し、その上でレファレンスサービスがどのような発展的側面を持っているのかお話くださいました。
レファレンスサービスの段階的評価、ともいえる「回答プロセス」と「素材分析」、「手法の目的」と「結果の情報分析」など、教育的な分析が印象的でした。

第2部 パネルディスカッションも色んな立場の方が参加されていて凄く面白かったです!
個人的に片岡則夫氏 (清教学園 中・高等学校 教諭・図書館長)の取組が素晴らしいと思いました。
高校で卒論があるということにも驚いたのですが、研究成果を後輩のために残すこと、「公共性とはみなへの贈り物」と言われた言葉がとても感動しました。
閲覧させていただいた研究成果もとても素晴らしかったです!

会場を含めた質疑応答では、レファレンスサービスの内容が公開されることに対する利用者の反応について議論が盛り上がりました。
レファレンス回答の公開について、高度な研究目的など守秘義務が課せられるものから、個人的な抵抗まで、利用者の立場に立った問題提起がなされました。
それに対する回答としては、レファ協のデータ入力に関しては、個人情報が入らないようガイドラインが定められている。そして、調査過程というプロセス、利用素材は他者にも有用な、公共データであって共有すべきものである、という前提を利用者にも理解していただく必要がある等の意見が交わされました。

レファ協に限らず、図書館それぞれのWebサイトでもレファレンス(調べ物調査)事例が公開されていることもあり、情報社会の中で、図書館がどのような指針を示せるのか、それを図書館の中だけでなく、外にも伝えて行く方法を作っていかなくてはいけないのだと思いました。

懇親会を含め、凄く濃密で、楽しい時間をすごさせていただきました。
国立国会図書館の皆様、登壇者の皆様、本当にありがとうございました!

※おまけ漫画
20150219.png

ししょまろはんは京都の岡崎にある図書館で働く図書館司書さんたちのWebを使った自主活動で、LODチャレンジJapan 2014ではデータセット部門 最優秀賞を受賞されるなど、素晴らしい活躍をされています!
レファ協の「メールマガジン コラム集」でも、羊もご一緒させていただいております~(*´ω`*)
職員様手作りの(!)美味しいれはっちクッキーをいただきながら色んなお話が出来て凄く楽しかったです(*´▽`*)

そして、『レファ協ネイティブ世代』…!
会場の見事な「ザワ…ザワ…」に二重の意味で戦慄が走りました(笑)
若いって素晴らしい!!!
そして今回のブログタイトルは、目を引けばいいなー、という下心満載の実践ですw
BUZZりますように!!(∩´∀`)∩
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitsujitoshokan.blog.fc2.com/tb.php/260-0a45cff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。